スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

古いパーツが余っています。

古いっていっても、今でも問題なく使える部品ばかりなんですけどね。
DDR400のメモリが3GB、IDE接続のHDDが7台、DVD-Rドライブが2台。
電源もあるし、勿体無いんです。

HDDは、データだけつっこんでバックアップとして保存しておいてもいいんですが、メモリやらDVDドライブは押入れの肥やしにしか使い道ないし、オークションで売るのもメンドクサイのでどうしようかと考えていました。


で、結局。


このパーツを利用して新しく1台組むことに。
使い道は・・・。

作ってから考えるということで。

まだ届いていませんが、中古パーツをネットで購入いたしました。
AMDのソケット939のAthlon64 X2 3800+と、MSI K8NGM2-FIDってマザーボードです。
ソケット939は我が家には一台もなかったんですよね。
今も使用しているであろう、↑木のマシンで一回組み立てただけです。
幸い、939はDualコアのCPUが発売され、今でもメインで使っている人がいるくらいです。

シングルコアからアップグレードできるので、お得な規格だったんですけど、省電力という面では全く駄目な規格でした。その1世代前の規格(ソケット754)はDualコアは出ませんでしたが、モバイルCPUや末期のシングルコアのAthlonなど省電力面では優れているCPUが使用でき、自分は何台も組み今でも1台現役で使用しています。

話はそれましたが、この中古パーツにメモリ2GBとHDD2台(たぶん500GBのHDDを2台接続)とDVDドライブを使って1台組めば、現行の化け物みたいな性能はありませんがストレスを感じる事がそんなに無いPCが組めそうだなと。

消費電力を考えたら常用マシンには向きませんけどね。


ちなみに中古パーツ代は送料等含め、8000円ほどかかります。
損か得か、判断難しいですけどね。


COMMENT - 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。