スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ここまで盛り上がらないのも・・・

無責任!岡田監督 壮行試合直後に進退伺

日本代表の岡田武史監督(53)が24日、W杯前最後の国内壮行試合となった韓国戦に0―2で敗れた後、日本サッカー協会の犬飼基昭会長(67)に対し“進退伺”を申し入れた。同会長の慰留を受けて今後も指揮を執ることになったが、壮行試合という舞台での前代未聞の行動で選手との信頼関係にヒビが入るのは必至。6月14日のW杯初戦カメルーン戦まであと20日。崩壊の危機を迎えた岡田ジャパンは26日未明、スイス合宿へと出発する。

http://southafrica2010.yahoo.co.jp/news/ndetail/20100525-00000020-spn-socc


責任取りたくないからやめたいって事ですかね。
最低です。
後のこと考えての発言でしょうけどね。
惨敗しても、あの時会長に留意されたからっていいたいんでしょうか、この人。

やめるっていうなら、もっと前、最悪でも守備崩壊させられたセルビア戦に言うべきで、パフォーマンスにしか受け取れません。
むしろ、こんな結果になったけど、本番では精一杯選手とともに頑張るくらい言ってほしかったです。
本当に応援する気が起きない代表になってしまいましたね・・。
ドイツの時は行きたい~~って色々試行錯誤したくらいなのに。

選手が悪いって言う人もいますが、そんな選手を選んだのは監督ですし、気を抜けば外すって選手に危機意識すら抱かせないのも監督の責任です。
パクチソンが上から目線で色々いっていますが、一昔前なら憤慨したんですが、今では「本当にそうだよなぁ」って思ってしまうあたり、悲しいです。選手や監督は奮起してほしいけど・・。


まぁ、楽観論で盛り上がったドイツの時とは間逆な状況で本番を迎える訳で、どういう結果になるか興味はあったりします。





COMMENT - 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。