スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

F100fd

前回書いた、落札したカメラのお話。

富士フィルム製の、コンパクトデジカメ 「f100fd」を落札しました。
正直、ジャンク手前みたいな感じで、失敗したかな~って思っています。
まぁ、所詮オークションの中古カメラですから。
ちゃんと使う目的で購入したF200EXRが液晶割れで心眼カメラにならなければ・・・うぅ。


20101020.jpg


前に購入して液晶が割れたF200EXRの前の機種になります。
当初は色々考えて、F70EXRを落札しようとおもっていたんですが・・・。

落札相場が余り安くなくて。
10倍ズームは魅力的だったんですけどね。
撮像素子の大きさがF200EXRとかより小さいサイズになっていますが、ズームを考えると使いやすいかな~って思いました。

まあ、来年くらいに安く落札できたらいいな、と思っています。
それか、最新機種のF300EXRが大幅に安くなったら、そちらも考えたいですね。
年内には2万きりそうな勢いですし。
15倍ズームは魅力的です。画質面は若干残念な感じっぽいですが。


で、このF100fdですが、F200EXRと違って、操作性が悪いです。
夜景とかのシーンモードの切り替えがメニューボタンを押して切り替えしないと駄目です。
ダイヤルで設定を変えられたF200EXRと大違い。
露出補正は、もっと面倒で、MENUボタンを押しシーンをマニュアルに変え、そして再度MENUボタンを押してMENU画面を選択、そして露出設定をする、といった具合です。

そういった部分を改善したのが、後継機種のF200EXRなんでしょうね。

20101020a.jpg

ためしにベランダから撮影。
AUTOモード、12Mのファインの設定です。

blogにのっける分には十分な性能ですね。

20101020b.jpg

一部分を等倍で切り抜き。
等倍での写りを気にする人もいますが、個人的には余り・・・。

等倍で見る事ないですからね。


スペックは

1/1.6型 スーパーCCDハニカム HR 原色フィルター採用 1,200万画素 
フジノン光学式5倍ズームレンズ (28mm~140mm相当)

心眼カメラのF200EXRのバッテリーと共用できるので、これを落札しました。
色々なバッテリーや充電器をそろえても仕方ないですしね。


20101020c.jpg

一方で、気になったのがマクロ性能があまり・・・って事。
ブツ撮りには向かない感じでした。
フリッカー光源では、AFのピントが全然合わないんです。
なので、望遠側でのマクロ撮影でやっとAF合わせました。
広角側じゃ全然寄れないので、やはりF200EXRのほうが(当然ですが)優れていましたね。

先日アップした骨董品のNikonE950のマクロ性能が素晴らしすぎなんでしょうねぇ。
まぁ、E950はJPEGでは話にならないので、Tiff(無圧縮)での撮影がデフォなのですが。

20101020d.jpg

等倍。
操作性は悪いのですが、写りはF200EXRより綺麗かも?って思いました。
ハニカムEXRって言われているほど映像面では綺麗にならないのかなぁ。

折角買ったので、ぶっ壊れるまで色々撮影してきたいと思っています。
日曜に届いていれば、月曜日の休みに多摩川撮影してきたんですけどねー



COMMENT - 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。