スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Groovy/グルービー GR-IS200B ってスピーカー

Groovy/グルービー GR-IS200B

4943508512810l.jpg

PCの記事ばかりですみません。
パソコンの5インチベイ(DVDとか取り付ける場所)につけられるスピーカーを取り付けました。
初音ミクの壁紙のIntelマシンにです。










SN3J0068.jpg

こんな感じ。
ケース汚いのは気にしないでください。
このblogはじめた頃にかったPCの最後のパーツなんで・・・。




絶対鈍感の所有者である自分は、音のよしあしはイマイチわかりません。
PCのサウンドは鳴れば十分、っておもっています。
HDMI接続でAVアンプにつなげて、高性能スピーカーでWindowsの起動音聞いても仕方ないですし。

スピーカーのケーブル類をすっきりさせたくて、このIntel機と組みあがったばかりのAMD機の2台はスピーカーを変えました。
AMD機は、以前記事にしたLOGICOOL ノートPCスピーカー Z305です。
USBバスパワーつかって、USBサウンドを鳴らす出来のいいスピーカーですね。
欠点は、USBサウンドは、地上デジタル放送が見れないって事。Z305は外部入力端子もあるんで、問題ないのですけどね。

んで、intel機には、これ(Groovy/グルービー GR-IS200B)をつけました。
Z305より音わるいです。
とりえはPC本体に取り付けられるのでスッキリする事ぐらいでしょうか。

取り付けは簡単です。
PC背面のステレオジャックにスピーカー背面から伸びているプラグをさし、フロッピー用電源ケーブルを背面につけるだけ。
M-ATXケースなので問題なかったですが、大きなケースの場合はケーブルの長さに注意ですね。
どうやって背面にプラグだすかというと、PC背面I/Oパネル用ステレオケーブルをケースのPCIスロットのカバーはずしてつけるだけです。

5インチベイスピーカーは今現在、流通しているのはこれしかないので、選択の余地なしです。
PCのサウンドを調整して、結構聞ける・・・と思えるくらいになりました。
通販で安い店では、1200円くらいなので、音にまったく拘りがない、複数台所有してスピーカーぐちゃぐちゃとかいう人は検討してみてはいかがでしょう?

とにかく、スッキリします。

まぁ、これよりもうまい棒2本分程度の大きさのZ305の方がお勧めですけどね。
USB供給電源さえあれば、野外だろうとスピーカー単独で使えますし、汎用性高く、それなりに音もいいですから。




COMMENT - 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。