スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ペンタックス、レンズ交換式で世界最小最軽量の「PENTAX Q」

ペンタックス、レンズ交換式で世界最小最軽量の「PENTAX Q」

HOYA株式会社PENTAXイメージング・システム事業部は、レンズ交換式デジタルカメラで世界最小最軽量の「PENTAX Q(キュー)」を発売する。価格はオープン。本体色はホワイトとブラック。近日発売としている。

http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/20110623_455177.html




さすがペンタックス、おそらく、多くのメーカーが一度は考えて結局採用しなかった

「コンデジをレンズ交換できるようにする」

って製品を出してきました。

SonyのNEXとか、オリンパスのPENとか、撮像素子というセンサーが大きいので、どうしても本体も、レンズもコンパクトとはいえ、大きくなってしまいます。
今回のPENTAX Qは、撮像素子の大きさが1/2.3型CMOSセンサーという、市販されているコンデジとほぼ同じ大きさです。
単純に、コンデジにレンズ交換できるギミックをつけた感じですかね。

ただ、他社の宣伝する一眼画質って部分は、これは当てはまらないでしょうね。
もっとも、NEXもレンズがアレなんで、一眼画質ってセンサーだけじゃん!って思ったりしますけど。

ただ、消費層の大半が、自分やネットのBBSで騒いでいる人たちのような「スペックヲタ」じゃないので、ある意味面白い製品だと思います。
普通の人に、撮像素子は1/2.3型なんてありえんだろ、といっても、「何それ?」ですからね。
きれいに写ればいいんです。背面の液晶も綺麗ならいいんです。

自分が惹かれたのは、本体よりもレンズですね。

ペンタックス、Qマウント用の交換レンズ5本
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/20110623_455172.html

2万するズームレンズはイラナイですが、魚眼やトイカメラ風の描写が出来るレンズが実に手頃な価格で面白いなぁと思ってしまいます。

ただ、本体がやっぱりちょっと高いですね。
この値段だすなら、ほかの機種を自分は買ってしまいます。
ペンタックスのカメラは最終的に半額以下になるのですが(ちょっと失礼ですが、事実なんで・・・)その頃になったら・・・っていう感じですね。

本体2万、レンズ1万だったらもっと別の評価がでるんですが。


COMMENT - 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。