スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちらしのうら

すっげえ久々に時事ネタを。

安部総理が靖国神社に参拝したんですが、日本のメディアと中・韓の2カ国が大騒ぎですね。
特にアメリカ嫌いのメディアがアメリカが参拝に懸念の声明を出した事で大喜びで報道しています。

まぁ、よく見てみると騒いでるのは韓国と日本のゴミメディアだけって感じですが。

アメリカが不快感を示しているとすれば、公にできないでしょうが普天間移転問題で、官邸が沖縄の要望に答えて日米地位協定の見直しを行うと決めた事でしょう。
だから、沖縄の知事は埋め立てを認めたわけですが。

アメリカの軍にしてみれば、不快感があるわけで、それが電話会談の延期や来年の共同訓練の縮小なのかなぁと。

国務省や大使館のコメントは騒ぎ起こすなというレベルでしょうね。
ただ、いちいちそういったコメントに右往左往する必要ないでしょう。
ぽっぽ時代のほうがよっぽど酷かったし?

中国はネットでは大騒ぎですが、デモは完全に押さえ込んでいます。
日本の方針がブレている時はデモ行うんでしょうが、今の安部政権でやったところで何のメリットもないから起きないんでしょう。むしろデメリットが多いんでしょう。
台湾でもデモあったらしいですが、中国と台湾の統一を目指している団体が主催とか。

韓国はどうするんですかね。
来年初頭の韓国与党団の訪問は中止だし、財務相会談もできなさそう。
日本との関係回復に努力していたのに!って言ってるらしいですが、弾薬供給問題の韓国政府の対応みると「おまえらどの口でいってるんだ?」って思うのが普通だし。


ただ、今回の参拝は官邸が事前にメディアに流したせいで、凄い報道陣でした。
静かに参拝したいと安部総理はいっていたような気もしますが。
どうせ黙っていっても大批判するのは分かっているから、演出のような参拝をしたんでしょうかね。

誰が損して誰が得したのか、そう考えると見えない部分で色々な事がありそうですね。





COMMENT - 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。