スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

光市母子殺害

延々と争っていた裁判ですが、ついに被告に死刑の判決が下されました。

http://sankei.jp.msn.com/affairs/trial/080422/trl0804221001003-n1.htm


妥当な判決だと思ってしまうのは、事件の悲惨さや被告の反省のなさを感じるより、弁護団の滑稽な弁論(魔界転性やらドラえもんやら)や、露骨な引き伸ばし工作を見せられてしまったからでしょうね。
弁護団の方々は、被告や被害者の遺族はどうでもよくて、事件もどうでもよくて、単に「被告を死刑」にしないために色々な事を行っていたとしか思えませんでした。

この裁判で、被告を死刑判決に導いたのは、弁護団の方々のような気がします。滑稽な弁論を公の場で展開するより、反省の気持ちをちゃんと出させれば違った判決になったのかもしれません。







COMMENT - 6

清高  2008, 04. 22 [Tue] 22:19

はじめまして。検索から来ました。

1.「弁護団の滑稽な弁論(魔界転性やらドラえもんやら)や、露骨な引き伸ばし工作」→(1)弁護団が「魔界転性やらドラえもんやら」を知っていると取る方がむしろ不思議だが(その部分は、被告人が言っている可能性が高いだろう)。(2)「露骨な引き伸ばし工作」→裁判に欠席したことね。でも、わずか15日間で資料を読んで弁護方針を立てろとでもの仕事を掛け持ちしている人(普通の弁護士はすうだから、そうでないことを貴方が証明したまえ)にそんなことを言ってはいけないんじゃないか!
2.「弁護団の方々は、被告や被害者の遺族はどうでもよくて、事件もどうでもよくて、単に「被告を死刑」にしないために色々な事を行っていたとしか思えませんでした。」→単に「被告(ママ)を死刑」にしない」ことも、立派に被告人の利益を守っていますよ。
3.「被告を死刑判決に導いたのは、弁護団の方々のような気がします」→最善の弁護をしても死刑を回避できないことはよくあることでは?
4.「反省の気持ちをちゃんと出させれば違った判決になった」→最高裁が無期判決を破棄しているんですよ。反省の資料が新たに揃うとも思えないし。
5.結論としては、大して弁護士や被告人のことを知らないで悪し様に罵倒するTetraさんのブログこそ、死刑宣告(削除勧告。強制力はないが、内容が悪すぎる))したいですな。

Edit | Reply | 

@Tetra  2008, 04. 23 [Wed] 21:03

こんにちわ。

あなたの意見を私は全面的に否定できません。たしかに事細かく調べ上げて書いているわけではありませんから。

ただ、TVのニュースやネットの記事などをよんで弁護士側の発言や行動に純粋に疑問を持ったから、私はこういう意見で書きました。

日数が足りないから裁判を欠席していいとは思いません。ほかの裁判で時間が足りないからと欠席したなんて話あまり聞きません。そもそも、裁判を欠席するなんて、裁判官にいい印象を与えるのでしょうか?

4番の意見を否定されていますが、本来弁護側が行うべきは、被告の反省などを第一に主張して、被害者や世間の処罰感情を緩めるため、弁護側は被告が反省し苦しんでいることを立証しなければならなかったのではないでしょうか?
滑稽な弁論や欠席など、負の面ばかりクローズアップされてしまった裁判にしてしまった弁護団の責任は重いと思っています。
余談ですが、自分は死刑というのは禁止すべきではないけど、安易に判決でだすものでも無いと思っています。(死刑は存在するけど、抑止力みたいなものにとどめて、裁判の判決では出すべきではない)
それだけに、処罰感情を緩めるための努力を怠った(という風にしか見えない)弁護団に怒りを感じて批判的な記事を書いたのです。


5番ははっきり言って失礼です。あなたにこの記事の削除勧告されるゆわれはありません。



Edit | Reply | 

キン骨マン2世  2008, 04. 24 [Thu] 02:09

悪し様に罵倒してる?鏡に向かっていうべき言葉だなwwwwwwww
独善的な意見の押し付けこそ悪そのものじゃないかねぇww
個人の感想を書いたブログに対して何様なんだろうね、この人ww

ああ、草生やしが止まらないwwwww

Edit | Reply | 

@Tetra  2008, 04. 24 [Thu] 16:53

草生やしするの嫌いっていったでしょ>骨。

ある作家の人が

「本当に被告のためになったんだろうかと。もっと被告の生きて償いたいという素直な心を前面に出して、ひたすら 謝罪すべきだった」

ってコメントしていたけどさ、弁護側が言っていたとしても、その主張がかき消されてしまうような荒唐無稽弁論を行ったがゆえに、極刑の判決がでたんだよね。

ある意味元少年を極刑にしたのは弁護団の責任だと思うよ。

Edit | Reply | 

清高  2008, 04. 24 [Thu] 20:53

ご回答、感謝します。

6.「日数が足りないから裁判を欠席していいとは思いません。ほかの裁判で時間が足りないからと欠席したなんて話あまり聞きません。そもそも、裁判を欠席するなんて、裁判官にいい印象を与えるのでしょうか? 」→(1)弁護士の仕事をしたことがない人が安易に断罪すべきではないでしょうに。(2)「裁判を欠席するなんて、裁判官にいい印象を与えるのでしょうか?」→もしそれで被告人の判断が揺らいだとしたら、裁判官失格ですね。
7.「本来弁護側が行うべきは、被告の反省などを第一に主張して、被害者や世間の処罰感情を緩めるため、弁護側は被告が反省し苦しんでいることを立証しなければならなかったのではないでしょうか? 」→最高裁段階で慰謝すらしなかった人が、いきなり反省しても無理ですね。だから、この弁護人の批判は意味がないですね。
8.「滑稽な弁論や欠席など、負の面ばかりクローズアップされてしまった裁判にしてしまった弁護団の責任は重いと思っています。」→クローズアップしたのはマスメディアでは?TVについてはBPOの勧告もあるし。
9.「処罰感情を緩めるための努力を怠った(という風にしか見えない)弁護団に怒りを感じて批判的な記事を書いたのです」→処罰感情いかんに関わらず、殺意がなければ死刑になりませんよ。本人も同意しているわけだし、特に問題はないですよ。

Edit | Reply | 

@Tetra  2008, 04. 25 [Fri] 21:04

こんにちわ。
あなたとやり取りする為に、色々調べてきたんですが、一つだけ訂正すべき事があります。
今更記事の修正はしませんが、「妥当な判決だ」と日記に書いた自分がちょっと怖いな、と思うようになりました。
「しけーしけー」と望んだり声に出すことは、本当に怖い事ですよね。

べつに弁護士でなくとも、あなたも仕事をしているでしょうから理解できると思いますが(学生さんでしたら失礼)、重要な会議の日に、必要な資料が準備できないから欠席します、なんて出来るわけありませんよね?
弁護士だったら許されるんだったら、随分いい加減な職業となってしまいますよ。

最高裁段階で慰謝すらしなかった人とありますが、どんな人でも最善を尽くして救うのが弁護士の役目ですよね?
実際、一審二審の弁護士は無期懲役の判決をださせました。当時から世論やメディアの論調が被害者寄りでしたけど。

それとも最善を尽し考えた意見が

・「遺体を強姦したのは、生き返らせるための魔術的儀式」
・「強姦目的じゃなく、優しくしてもらいたいという甘えの気持ちで抱きついた」
・「(夕夏ちゃんを殺そうとしたのではなく)泣き止ますために首に蝶々結びしただけ」

ですか?

こんなことを公の場で発言すれば、マスメディアは面白おかしく取り上げるでしょう。

一審二審はたしか、殺意を否定していなかったですよ。少年の家庭環境などもあげて更正の機会をと訴えて無期懲役になったはずです。
弁護士が変わったからって、いきなり殺意を否定したら「おかしい」と思われるでしょう。

批判される新供述も前までの弁護士では言えなかったそうですが裁判官とのやり取りでこんな話があります。

ネットからの引用ですが、

「弥生さんを生き返らせようとしたのなら、その後、脈を確認したりはしたのか」

 「していない」

 「『魔界転生』は単行本で読んだのか、それとも文庫本か」

 「覚えていない」

 「自分で買って読んだのか」

 「覚えていない」

だそうです。
高裁の「不自然、不整合、到底信用できない」という判断に自分も賛同します。元少年が不安定な心理状態で語っていたのであれば、それを代弁し強調すべき役目をおっているのが弁護団ですよ。

それを元少年の発言(弁護団の入れ知恵なのかもしれませんが)をそのままマスコミに伝えてしまった。↑に書いた最善をつくした意見ってやつですが。
紐の縛り方なんかをTVの前で実演してみせて、殺意が無いなんて遺族を冒涜するような行動を見せらたら、他人がどう思うか理解できない方々としか考えられません。

この弁護団は元少年に極刑の判決を出させ、未成年犯罪でも死刑が適用されるという「恐ろしい」事を実現させた連中と思います。


頑張って長文を書きましたが、このBlogは私個人の趣味とネットゲームなどの話題を書くのがメインで、あなたと論争する為に設置していません。
コメントは書いていただけましたら掲載いたしますが、私からのこれ以上の返事は期待しないでください。

大変申し訳ありませんが、この件に関して私からは以上です。




Edit | Reply | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。