スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日は再検査の日でした。

仕事休みだったのですが、職場近くの診療所で再検査をしてきました。

以前この診療所で企業検診うけた際、尿検査で+2判定でたからです。
今日の検査は糖尿の疑いがあるので採血、検尿検査を行いました。
採血は一回目で上手くとれなかったらしく、反対の腕でもとられて注射大嫌いな自分には苦痛でした。
採血のちゃんとした結果は後日に分かるそうですが、今日の採血の簡単な調査や尿検査では全く問題なし、健康な身体だと医者から言われました。

「なんでこんな結果でたのかなぁ」

と医者が問診の最中にいってきたので、即効

「その日は、ずっと仕事していまして、終わった後、すぐ検診に来ました」

と答えました。

オナニーしてきたんじゃねーかという疑惑をもたれてはたまりません。

だいたい、職場でそんな事するわけないです。
男ばかりの、むさくるしく、不愉快な連中しかいないのに。

それを聞いて、医者はますます首をひねっていました。

「検査前、なんか糖分の多い飲み物のみました?」
「その日はかなり忙しくて、全然休憩もとれずに終わったら直ぐ検査に来ました」
「そうですか・・・」

今日の検査の結論は、前回の結果がオカシカッタという事で医者と握手して別れました。

で、検診でまっている最中、なーんだか聞いたことある声が診療所に響き渡っていたんですが、うちの会社の部長さんが業中に診療を受けていました。
なんでも、目がねが合わなくて仕事にならないとか。

気になったのは、検査中、部長の相手をしていた看護婦さんの口調が、亡くなった父が痴呆で入院していた時に接してくれていた看護婦さん達と同じ口調だった事でしょうか。


検査が終わった後、知り合いのS木くんがバイトしているガソリンスタンドに向かいました。
(普段の通勤は電車ですが、この日は仕事では無いので車で職場の近くまできました)
洗車とオイル交換をしてもらおうと思って、バイト先に押しかけたんですが、あいにく忙しいみたいであまり雑談は出来ませんでした。

洗車を終わってオイル交換してもらう為に待っていたら、S木君をたずねてきたのか、警察と思しき制服をきた人が2人ガソリンスタンドにやってきて、そのままS木君とスタッフ専用の部屋に入ってしまいました。スタッフルームは外からは完全に見えなく声も聞こえないので、どんなやり取りがあったのか分かりません。

たいした事でなければ、すぐ終わるだろうと暫く待っていたのですが、なかなかスタッフルームからS木くんも警察と思しき人達も出てこないので、オイル交換は諦めて帰る事にしました。


TVのインタビューで出たら友人Aになるのかな、と思いながら・・。





消防の査察だったみたいです。
人が少ないうえに、色々雑用もあって本当に大変そうでした。




COMMENT - 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。