スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダビング10 メーカーの頑固さ、なぜ?

デジタル放送のテレビ番組を録画する際の消費者の不満を、軽視してはいないか。

 たった1回しかできなかったDVDへのコピー回数を10回まで増やす「ダビング10」の実施が、6月2日の開始予定日を目前に、暗礁に乗り上げそうな情勢だ。

 番組にかかわる著作権料の徴収制度に機器メーカーが反対しているためだ。

以下 http://www.yomiuri.co.jp/editorial/news/20080510-OYT1T00175.htm




1回を10回までしてあげたんだから、権利料払えっていう問題です。メーカー側が嫌がっているのは権利料を価格に転嫁しにくいからでしょうね。

権利は守るべきものですが、どうにも最近は権利ビジネスって感じがしてならないです。
カスラックにしろ、権利者にちゃんと徴収した金を払っているのでしょうかね。HDDやipadにも課金するらしいですけど、その資金はどんな方々に流れるんでしょう。

明瞭なお金の流れをちゃんと提示すれば納得する人が多いと思うんですが、権利に関しては声を大にして主張するわりに、そういったお金の流れは、指摘されてもちゃん言わないんですよね。




COMMENT - 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。