スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DreamParty東京2008秋

いってきました。
今回の撮影カメラはVivitar ViviCam 5050。
暗いと直ぐに手ぶれする玩具デジカメです。

20081012b.jpg

さすがに「東京ゲームショー」とかぶった影響か、春の絶望的な入場とは打って変わって信じられないくらい快適に入場できました。

20081012a.jpg

待ち時間殆どないんだもの、開始前だったというのに。

20081012c.jpg

まあ、春に懲りて入場券の販売人数を少し増やしたのも影響あると思いますが。

このイベントは、ちゃんと年齢制限を行っていて、メインは当然18禁エリア。
ところが身分証明ないと、そのチケット売ってくれないんですよね。
イメージ的に、このイベントはほとんどコミケの企業ブースと思ってもらえればいいんですが、年齢チェックのお陰で(いい悪いは別ですよ)入場するまで時間かかるんです。

自分の前の人も、ちゃんとした身分証なくて、もめていました。
空いてる列ならんだはずなのに、ちょっと待たされて

「持ってこなかったんだから、諦めろよ」

と思ってしまいました。

それはさておき、運営さんは2度とゲームショーとは日程ぶつからないようにしてしまいそうです。
春が悲惨だっただけに、信じられないくらい快適なイベントでした。
来年春はやっぱり人が沢山来て悲惨になるのかなぁ。

20081012d.jpg

20081012f.jpg

展示されていた「痛車」の数々。
みんなぶれて、殆どマトモに撮影されていたのはこの2枚だけ。
結構ちゃんと構えて撮影したんですけどね~
やっぱり明るいところ専用カメラなのかな。

・・・・・・・・・・それとも腕か(泣

20081012g.jpg



次はビックサイトに行くのは冬コミの時ですかね~
時間がたつのが早いです。本当に。








COMMENT - 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。