スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PCがおかしくなった。

我が家のネットマシンe-machines j3036が・・・・

・再起動後。

起動しなくなった。
boot~ってメッセージが出たので、HDDが逝かれはじめた模様。

仕方ないので、PC内を掃除、ケーブルの抜き差し等を行ったら復旧。
(とはいえ、HDDの故障も考えられるので早めのバックアップ、交換が必須)

とおもったら、今度はモニタが真っ暗に。

ケーブルの交換、モニタを変更、ビデオボードの交換を行っても復旧せず。
ところが、マザーについているアナログのモニタポートからモニタに繋ぐと無事に写るように。



・・・・・・・・・・・・・・・・実は、マザー逝かれはじめた?


HDDも7月に交換したばかりだし、ビデオボードは他のマシンで試したら問題なかったし。

ついにマザー逝かれた?

凄く、深刻です。
なにしろ、マザーと一緒にWindows XPも駄目になるんですから。
そこが、メーカーマシンの問題点。
自作機なら、まず殆どぶっ壊れないパーツと一緒に購入すれば、ライセンス問題は気になりません。
っていうか、ぶっ壊れても問題ないパーツというか。
未だにフロッピードライブとセットで売っているのは、そういう理由があるからです。
ぶっこわれようと、PCにつけておけばライセンス上全く問題ないわけで。
ところが、メーカーマシンは大抵マザーと一緒なので、マザーが死んだら終わりです。
その点があるので、CPUをはじめ、J3036のマザーでつけることが出来る最高クラスのパーツに全て交換して延命しているんですが、マザー死んだら全てゴミに。

いや、今ならオークション送りか。

夏まで頑張って欲しいんですが、もう駄目かなぁ。
一応、まだ動いているんで死ぬまで酷使してあげるつもりです。

新しいネットマシンは小型化を考えているので、夏まで頑張って欲しいんですけど・・。
無理かなあ。



COMMENT - 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。