スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冬ボで買う


自分が購入する訳ではありませんが。
ウィンドウショッピングならぬ、ネットウォッチショッピングが大好きなので。
世間ではボーナスの話題の時期でしょうが、自分にとっては

ボーナス?
20081207.jpg

棒と茄子の事か?

って感じなので、ボーナスセールとかボーナス一括払いとか、ボーナスで美味しい物食べたとか、縁がない話です。

・・・ちなみに、この画像探す為グーグルで検索かけたら、棒と茄子って表現使う人沢山いました。




ハイエンドコンパクトデジタルカメラって言われている、低価格帯のデジタル1眼レフカメラ同じくらいの値段がするレンズ一体型デジカメのジャンルが復活してきているそうです。

デジカメの一番売れている層は、2万円台の薄型デジカメだそうですが、自分は一番興味のないジャンルなので、相談されても「秋葉原でもいって叩き売りされている日本メーカー製を買えばいいと思うよ」と常に答えています。

一方、ハイエンドコンパクトデジカメは一番興味があるんですよね。
昔から10万以上するハイエンドコンパクトデジカメを何台も使ってきていますし。
最近のハイエンドコンパクトデジカメはどうなのかな、と家電屋でみてきましたけど、デザインもかっこいいし、スリムだし、欲しくなってしまいました。

ちなみに一番よかったのはPowerShot G10(CANON)でしたね。
軽量も大事ですが、ある程度の重さや大きさがある方が、持ってみた感じ一番バランスがいいんですよ。

ハイエンドコンパクトデジカメを比較する(ハードウェア編)

ハイエンドコンパクトデジカメを比較する(画質編)

(デジカメWatch)

店頭で見てきたデジカメのレビュー記事です。
ハイエンドは、やはり広角側が強いのが多いですね。

一緒にいった↑木がFUJIFILMのFinePix S100FSを手に持って

「どーせデジ1眼かってもキットレンズ付けっぱなしの人なら、こういうカメラの方がいいんじゃね」

といっていましたが、同意見ですね。
FinePix S100FSは、大きさとか見た目とかエントリークラスのデジタル1眼と変わらないのですけど、レンズ交換式のデジ1眼と違って交換時の埃も気にする必要もなく、広角~望遠をまかなえるので便利です。
物足りなくなって、デジタル1眼に移行しても、お散歩カメラとして使えるし、高い買い物ですが損はしないと思っています。自分も未だに旅行用カメラとしてDiMAGE A200を愛用しています(2004年に出たコニカミノルタのハイエンドコンデジ)

まぁ、あれこれ欲しいカメラは幾つもあるんですが、全て買うわけもいかないので、レビューみたりして我慢しています。
ちなみに、フィギュアもそうです。
こっちは、置き場所がもう無いという物理的な問題からなんですけどね。




COMMENT - 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。