スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Phenom X3 8450eっていうのを買いました。

Phenom X3 8450eとは、AMDの3コアのCPUで、初の省電力バージョン(65W)で、昨年の12月に発売されました。
AMDはちょうど新しい規格であるAM3への過渡期でもあり、ネット上ではPhenomⅡの話題のほうが主流ですが、このCPUを買う気になったのは理由がありまして。

いま、あまり使っていないマシンが一台あるんです。
CPUはAchlon64x2 4000+で、L2キャッシュが1MBあるバージョン。マザーがASUSのM2N-SLI Deluxeという構成で作りました。

参考 http://akiba.ascii24.com/akiba/news/2006/06/01/662585-000.html

2年半前のマザーですが、現時点で発売されているCPUの大半に対応しており、規格が変わることで自然消滅する前にCPUのグレードアップを考え、Phenom X3 8450eか、Athlon X2 7750を乗せ延命させることにしました。

まぁ、いまだ主力はAthlon64 3200+の骨董品マシンなんですけど。
Windows7を導入しているマシンもTuron64だし。

で、結局省電力のPhenom X3 8450eにしました。
値段は大差ないんですけどね。ただ、アキバを徘徊してやっと見つけるくらいAMDのCPUっておいていないんですねぇ。4850eとかはどこの店でもあったんですけど。

ただ、マザー側でCPUは対応していても、当然BIOSのアップデートは必須となります。
これがまた、曲者で。
昔一回失敗して以来、BIOSのアップデートはやっていないんですよね。

で、今回久々に挑戦。

結論からいうと、アップデートは成功したんですが、CMOSクリアしないでWindows起動したら、なんだかオカシクなってしまって。
ヤケクソで、CPU乗せ換えしたら、起動してすぐにフリーズするようになりました。

まぁ、それでOSの再インストールする羽目になりました。

まぁ、デュアルコアからトリプルコアに変えた以上、必要だと思うんですけどね。

20090314a.jpg

20090314b.jpg

最終的には上手く認識して、OSも入れなおしで問題なく動くようになりました。

ここ数日、ずっとこんな事やっていましたんですよ。




COMMENT - 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。