スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新しいデジカメ 来た。

久々に新しいデジカメを入手いたしました。


TS390203.jpg


FUJIFILM製のデジカメでPinepix2800zという機種です。

発売は2001年。
画素数は200万画素。
フジ独自のハニカムCCDではないタイプのデジカメで、6倍ズームが発売当時の売りでした。

http://www.watch.impress.co.jp/pc/docs/article/20010911/fuji.htm
(2800Z紹介記事)

まぁ、NikonCoolpix950やオリンパスC2040Zoomと同じく、デジカメが色々勢いがあった時期のカメラです。200万画素機、これで5台もっていますよ。
今までフジのカメラって一台ももった事がなかったので、今回入手することにしました。
本当はFinePix S5000とかのハニカムCCDカメラが欲しかったんですけどね。電池式で一番欲しいカメラです。エネループのお陰で本当に一昔前のカメラが使いやすくなったと思います。

この2800zは、見た目は安っぽいですね。プラスチックだし。
比較してはいけないのでしょうが、現在愛機となっているNikonCoolpix950に比べて、安っぽいとどうしても思ってしまいます。
写りや使い勝手は、また後日に・・・なるかなぁ。






自分はコンパクトデジカメが大好きなので、特に昔を機種を集めているんですよね。
条件が、電池式であること、です。
バッテリー方式は、今では入手困難な物もあるので、手に入れても使えないオブジェでは意味ないですから。

当然、今回購入したカメラを持って、何か撮影してきたいです。

ちなみに、手持ちのデジタル1眼レフは少ないです。
NikonのD1Xと、D60しか持っていません。
D60は、来月くらいにはワイコンと怪しい縦持ちクリップ式のバッテリーを購入したいな、と思っています。オークションで押入れにしまっているフィギュア整理して、そのお金で買ってもいいんですが、売る方はちょっと面倒で・・。
軽量コンパクトが売りのNikonD60に色々つけて重くするのも考え物って気もしますが、近いうちに撮影に行きたいと考えている、旧岩崎邸とか建築物の撮影する場合は、広角が必須ですからね。
高額なレンズを買い始めると、色々な意味で終わってしまいそうで・・・。
ニコンダイレクトで発売中のキットレンズ18-55用のワイコンはお手軽な値段なので、無くなる前には絶対入手しておきたいです。



コンパクトデジカメはこれで10台目かなぁ。最近購入しているのはオークション経由ばかりなので、そんなにお金かけていませんけどね。
一応、購入したら、結構使っています。









COMMENT - 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。