スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

以前のマシンのXP再導入と軽量化

Turion64 ML-32(1.8Ghz L2=512KB TDP35W)
K8NGM-V (NVIDIA®GeForce 6100GPU/nForce 410MCP)
DDR400 512MB*2
GeForce 7300GT/OC 500MHz/1300MHz (GDDR3 OC品)

windows7マシンだったんですが、XPrpoSP2に入れなおし。
クリーンインストール直後は軽いですね。
sp3が個人的にイマイチなんで、sp2のまま必要なバッチを導入しました。

本当はWindows2000をインストールする予定だったんですが、CDがどこ探しても見つからない。
XPはCD3枚もあるっていうのに。

膨大な修正バッチをマイクロソフトからダウンロードして適用後、XPの軽量化を行います。






とはいえ、たいした事をするわけじゃないんです。
まずは、Lunaの無効化

○デスクトップを右クリックして [プロパティ] をクリックし、[テーマ] タブのテーマ(T)で、「Windows クラシック」を選択して「OK」をおします。

これでクラシックモードに変わります。
さらに、

○[スタート]-[ファイル名を指定して実行] から services.msc を起動、「Themes」 サービスをダブルクリック、スタートアップの種類を 「無効」 に設定、「停止」ボタンを押して「OK」をおします。

これでXpの視覚スタイル、Lunaが無効化になりました。

○[スタート]-[コントロールパネル] から「システム」を起動し、[詳細] タブをクリック、パフォーマンス「設定(S)」ボタンをクリックします。

20090624h.png

個人的な好みで、カスタムのフォルダ~(画面でチェックはいっているもの)だけを選び、他は全てチェックをはずしています。

20090624i.png

こんな感じにエクスプローラが表示されます。
パフォーマンス優先にすると、左側のタスクが表示されなくなるので、ちょっと個人的に使いづらいかなと。

メモリのチューニングとかは、行わずこれで軽量化終了です。
見た目をシンプルにしただけですね。

次に起動の高速化を図ります。

Bootvisにて起動の最適化を行います。
(参考リンク http://webtech.akijapan.com/tools/bootvis/

20090624.png

Bootvisは現在はエンドユーザーには意味ないとMSは判断し、ソフトウエアの配布も行っておりません。
参考リンクを参照して自己責任でお願いします。

つづいては、あの起動時のロゴを消します。
(参考リンク 起動時のWindowsロゴ表示を省略し、起動時間を短縮する

20090624e.png

MSCONFIGを起動して、

20090624f.png

/NOGUIBOOTにチェックをいれるだけです。
再起動後、ポップアップがあがってくるので、~起動しないって文言にチェックを入れて終わりです。
(チェックいれる場所は1箇所しかないので、それにチェックいれるだけです)

軽量化はこれで終わりです。

20090624g.png

その後、必要なアプリを導入して完了しました。

たいした事やっていませんが、一番いいのは最新のハードディスクを導入して適度にクリーンインストールする事ですからね。
個人的にはデフラグは大嫌いなので、そんな事するなら入れ直しするほうがいいと思っています。





せっかくなんでベンチマークをいくつか。

20090624a.png

CrystalMark2004R3でみると、CPUは低いですねぇ。
モバイル向けなんで当然でしょうが。

20090624c.png

スト4ベンチを回してみました(設定はデフォルトで実施)

20090624d.png

つづいて「ゆめりあ」(1024*768最高で実施)

どちらもGPUである、Geforce7300GT(OC)の性能評価みたいな感じになってしまいますね。







COMMENT - 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。