スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

WC-E24

以前、上野公園での撮影で使用した、Nikonの名機、CoolpixE950のワイドコンバータレンズを入手しました。

20090709b.jpg

WC-E24というワイドコンバータで*0.63倍の倍率になります。
ワイド側が、35mmフィルム換算で24mm相当にまで広がるので、とても使い勝手がよく、欲しいとおもっていた一品でした。

20090709a.jpg




ニコンE950 WC-E24 (Tiffで撮影、NX2でJpeg変換後、JTrimで縮小)

20090709c.jpg

ピントがずれてしまったのですが、接写も問題なし。

ほぼ同じ場所(ベランダ)でワイコン装着と、そうでないのを見比べると一目瞭然です。

20090709d.jpg

20090709e.jpg

・・・・・・・・・歪曲が。

さすが、歪コンと言われるだけあって、歪曲が凄いですね。
建造物を撮影してきたら、もっとはっきりするんでしょう。

950に撮りつかられるワイドコンバータは、WC-E63というのもあり、WC-E24の歪曲と画像の滲みを嫌ったユーザーはみなそちらに買い替えしたといいます。

個人的には、風景撮影で使用するのでWC-E24のゆがみが面白そうと思っていますが。



フィッシュアイコンバータである、FC-E8も、欲しいのですが、オークションで2万円。。。
悩みどころですね~

古いものであるので、あまりお金かけずに楽しみたいと思っているカメラですからね。

それに、今回でた僅かな賞与を使って、D60キットレンズ用のワイドコンバータ NH-WM75も購入予定ですから。







COMMENT - 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。